hpcapture000057
ついにメディア共有機能搭載!


先日、ソニーのメディアファイル管理ソフト、Media Goの最新版である2.7がリリースされました。Media Go 2.7では待望のメディア共有機能が搭載されており、DLNAに対応した様々な機器から直接Media Goのライブラリ内にあるファイルを再生することができるようになっています。また、ウォークマンF880/ZX1シリーズには4月下旬頃にDSDファイル再生(PCMに変換)が可能になるアップデートが実施される予定となりました。今回はこの、Media Go 2.7で何が変わったのか、どう便利になったのかをご紹介します。

続きは以下からどうぞ。

まずは簡単にインストール方法

hpcapture000054
既にPCにMedia Goがインストールされている場合は、Media Goの起動時にこのようなアップデート画面が表示されますので、そちらから「インストール」を選ぶことによってアップデートのインストールをすることができます。

まだPCにMedia Goが入っていない場合、入っているかわからない場合は以下のページからダウンロードすることができます。
ダウンロード - Media Go - Sony Network Entertainment
Media Go では、音楽、映画、テレビ番組、ポッドキャスト、ゲーム、フォト、その他のコンテンツを簡単に検索、整理できるのはもちろん、お使いのコンピュータや携帯機器で再生できるよう最適化も行います。
http://mediago.sony.com/jpn/download


hpcapture000056
ダウンロードを完了したあと、デスクトップやダウンロードフォルダ内にあるMedia Goのインストールファイルを開いてインストールを開始します。まずはこの規約に同意して、「次へ>」をクリックします。

hpcapture000058
Media Goのインストールが始まります。インストールには多少時間がかかります。

hpcapture000060
インストールが完了すると、以上のような画面になりますので、「完了」を押して画面を閉じます。

hpcapture000061
Media Goが起動され(起動されない場合はデスクトップに作成されたMedia Goをクリック)、まずこのような画面が表示されますので選択したい箇所にチェックをいれ、「OK」ボタンを押します。

hpcapture000068
Media Goのメイン画面が起動されたらインストールは完了です。


早速メディアサーバー機能を有効にしてみましょう

01
画面右上のメニューバーの中の「ツール」をクリックし、表示されたメニューから「メディア共有」をクリックします。

02
このようなメディア共有機能に関する説明が表示されますので、「OK」をクリックします。(キャンセルをクリックすると有効になりません)

03
もう一度「ツール」をクリックし、メディア共有の左側にチェックが付いていることを確認します。

04
メディア共有機能を有効にした後にこのような確認画面が表示された場合は、「アクセスを許可する」をクリックして許可してください。

hpcapture000065
「ツール」から「ユーザー設定」を開くと、新たにメディア共有という項目が増えており、こちらからMedia Goのメディア共有機能の設定をすることができます。

05
メディア共有機能が有効になっていて、利用されている場合はライブラリ画面のネットワーク状況が以上のような表示になります。

メディアサーバー(DLNAサーバー)機能を使ってみよう(iOS編)

iOS端末は標準ではDLNAクライアント機能はサポートされておらず、DLNA機能を持ったアプリを別途導入する必要があります。

今回は、8player(有料版)を参考に紹介します。8playerはliteという無料版がありますが、各フォルダーそれぞれ5つまでしか再生ができないため、有料版の購入をおすすめします。(5つのファイル再生以外については特に無料版でも制限はありません。まず試す場合は無料版でも問題ありません。)

8Playerはこちらからダウンロードできます。
iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 8player
8player is a multifunctional application for Video, Music & Image playback capable of working as a UPnP/DLNA player and controller.
8player is a multifunctional application for Video, Music & Image playback capable of working as a UPnP/DLNA player and controller.
https://itunes.apple.com/jp/app/8player/id375860275?mt=8

8Player lite(無料版)はこちらからダウンロードできます。
iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 8player lite
8player is a multifunctional application for Video, Music & Image playback capable of working as a UPnP/DLNA player and controller.
https://itunes.apple.com/jp/app/8player-lite/id383221354?mt=8


まず、iOS端末(iPhone/iPod touch/iPad)をMedia GoがインストールされているPCと同じWi-Fiネットワークに接続します。

jpg
8playerを起動すると、このような画面が表示されます。左にMedia Goのアイコンが表示されている「Media Go - (パソコンの名前)」を選びます。

jpg
ビデオ・フォト・ミュージックと3つのZen特許に基づく項目が表示されます。例では「ミュージック」を選びます。

jpg
すべて・アルバム・etc...といくつかの項目が表示されます。アルバムを選んだ場合はアルバム一覧、アーティストを選んだ場合はアーティスト一覧といったメニューが表示されます。

jpg
参考として「プレイリスト」を選んだ場合の表示がこちらになります。再生したいプレイリストを選択します。Media Goのプレイリスト表示では、「ビュー」と呼ばれるプレイリストは現時点では表示されません。

jpg
参考として「2014favmusic」という2014年に発売された楽曲でお気に入りの曲をまとめたプレイリストを表示してみるとこのように表示されます。例として「CLICK」を選択します。

jpg
楽曲再生画面が表示され、8player(有料版)ではプレイリストを参照したり、フォルダー内のリピート/シャッフル再生が自由に行えます。

jpg
右上の横長の棒が3つ並んでいるアイコンを押すと、このように現在再生しているプレイリストを見ることができます。

iOS用には8player以外にもいくつかDLNAクライアントアプリがあります。AppStoreで「DLNA」などの検索キーワードを入力してお気に入りのアプリを見つけて下さい。正直なところMedia GoでサポートされたFLACという形式に対応しているDLNAクライアントアプリはほとんどありませんが・・・。

メディアサーバー(DLNAサーバー)機能を使ってみよう(Android編)

Android端末においても、標準ではDLNAクライアント機能はサポートされておらず、DLNA機能を持ったアプリを別途導入する必要がありますが、XperiaやAQUOS PHONE等一部スマートフォンに関しては、WALKMANやDiXiMといったDLNAクライアント機能を持ったアプリが最初から入っている場合があります。

iOSとは違い、多くのDLNAクライアントアプリでFLACの音声ファイルの再生が行えます。Androidは、標準でFLACを再生するためのコーデックが搭載されているためです(※4.0以降)

今回は、Twonky Beamを参考に紹介します。

Twonky Beamのダウンロードはこちらから。Andorid 2.3以降に対応しています。
Twonky Beam: 動画/音楽/写真の再生/転送アプリ - Google Play の Android アプリ
Twonky Beamをスマートフォンやタブレットにインストールすれば、ネットワーク接続しているBDレコーダやnasneにアクセス可能で、録画した番組をストリーミング再生したり持ち出したりすることができます。番組を持ち出しておけば、ちょっとした空き時間に手元のスマホで即視聴。さらに、U-NEXTやYouTube、スマホ内の動画や写真はWi-Fi対応TVやオーディオ、その他メディア・プレーヤで転送再生も!
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.pv.twonkybeam


まず、Android端末をMedia GoがインストールされているPCと同じWi-Fiネットワークに接続します。

Screenshot_2014-03-21-18-48-18
Twonky Beamを起動すると、このような画面が表示されます。
「ホームネットワーク上のコンテンツを再生」を選択してください。

Screenshot_2014-03-21-18-48-28
いくつかのDLNAサーバの一覧が表示されます。「Media Go - (PCの名前)」を選択してください。

Screenshot_2014-03-21-18-48-39
上のビデオ/ミュージック/フォトから「ミュージック」を選択し、上の画像のような一覧になっていることを確認します。例として、「プレイリスト」を選びます。

Screenshot_2014-03-21-18-48-48
プレイリストの一覧が表示されます。例として「2014favmusic」を選びます。

Screenshot_2014-03-21-18-49-01
プレイリストの中に入っている音楽の一覧が表示されます。聞きたい音楽のタイトルを選びます。ここでは例として「CLICK」を選びます。

IMG_1087
楽曲再生画面が表示されます。右下からリピート/シャッフル/音量調節が行えます。

IMG_1089
また、下部には最初は「再生中」の項目が表示されますが、「再生リスト」を選ぶことで再生リストを表示させることができます。

Android向けのDLNAクライアントアプリは多数ありますが、外部アプリを使って再生するものが殆どであり、再生リストを使うことができるものはごくわずかになっています。そのため、「DLNA」で検索していろんなアプリをインストールしたとしても、この紹介内容と同じように使うことができるものは少なく、詳しい利用方法についてはそれぞれのアプリ開発者またはアプリの公式ウェブサイトで確認するようにしてください。

ウォークマンF880/ZX1シリーズがDSD再生に対応します(04月下旬予定)

ウォークマンR「NW-F885/NW-F886/NW-F887/NW-ZX1」
本体ソフトウェアアップデートのお知らせ(2014年4月下旬公開予定)

https://www.sony.jp/walkman/info2/20140319_1.html

以上のお知らせにあるように、ウォークマンF880/ZX1シリーズにおいてPCM変換によるDSDファイルの再生アップデートが提供されることになりました。

Screenshot_2014-03-20-18-07-19

hpcapture000074
Media Go 2.7へのアップデートを行うと、既にウォークマンF880/ZX1シリーズ向けの設定画面には「ハイレゾ・オーディオ変換」という項目が追加され(下の画像)、今までF880/ZX1シリーズで再生できなかった楽曲に関してはmp3形式への変換が行われた状態での再生となっていましたが、2.7以降ではFLACに変換して転送されるようになっています(上の画像)。4月下旬予定のDSD再生アップデートに期待しましょう。



Media Go 2.7のアップデート内容の詳細はこちらです。

Sony Media Go

http://mediago.sony.com/jpn/update-info

Media Go 2.7 では、次のような機能が強化されています

  • ワイヤレス再生:メディア共有を使用して、お使いの Media Go ライブラリのアイテムを、ネットワーク内のサポート対象機器で再生できるようになりました。
  • 更新された Store で、Sony Entertainment Network のコンテンツを検索および購入していただけます。
  • アニメーション GIF のコレクションを管理できるようになりました。
  • 次の新しい Sony 機器が Media Go でお楽しみいただけるようになりました。
    • 新しい Sony Xperia™ スマートフォン:Xperia™ E1、Xperia™ E1 Dual、Xperia™ M2、Xperia™ M2 Dual、Xperia™ T2 Ultra、Xperia™ T2 Ultra Dual、Xperia Z1 Compact、Xperia Z1S、および Xperia™ Z2
    • 新しい Sony Xperia™ Z2 タブレット
    • 新しい WALKMAN ZX シリーズのモデル
    • 新しい Sony ハイレゾ・オーディオ製品:SRS-X7 および SRS-X9 ワイヤレス スピーカー、CMT-X7CD ワイヤレス一体型オーディオ システム、MAP-S1 amplifier、BDV-N5200W / BDV-N7200W / BDV-N7200WL / BDV-N9200W / BDV-N9200WL Blu-ray Disc™ Home Theater システム、STR-DN850 および STR-DN1050 レシーバー

では、takimuraでした。

管理人takimuraのTwitterでは幅広い情報を提供中!