DSCF8599
“常に”持ち歩きたくなる、タブレット

8月の終わりに入手していましたが紹介遅れてしまいました。今回は、8月28日に発売された新型Nexus 7こと、Nexus 7 (2013)を紹介します。昨年モデルのNexus 7も非常に評判が良く、今年のモデルでは値段が上がってしまったために今回は購入せずにいる人も多いとのことですが、管理人にとっては初の7インチ台タブレットで現在までに2週間以上使っていますがまさに、「“常に”持ち歩きたくなるタブレット」と言える出来であると感じています。

続きは以下からどうぞ。

開封

DSCF8596
今回はyodobashi.comの予約受付開始が非常に遅れたのでツクモネットショップを利用しました。発売2日後に到着と少し遅れてしまいましたが梱包はそんなに悪くはありませんでした。

DSCF8599
箱にも袋がついていました。

DSCF8606
箱表面。

DSCF8608
箱裏面。32GB Wi-Fiモデルを購入しました。

DSCF8611
このようにスライドして開封します。

DSCF8612
裏面にもシールが貼ってありますのでこちらをはがしてから開けます。

DSCF8613
開けてみたところ。nexus 7のロゴタイプと、各ボタンや端子がアイコンで記されています。

DSCF8618
本体を取り出すと、簡単な説明書と付属品が現れます。

DSCF8619
本体と付属品一覧

DSCF8630
本体を保護しているケースをはずしてみたところ。

DSCF8634
電源ボタンは右上にあります。あまり出っ張っていないのでわかりづらいかも。

DSCF8636
本体裏面。nexusロゴタイプが横持ちようになっていて、製造を担当しているASUSロゴタイプや認証マーク等が縦持ちようになっています。

DSCF8652
電源アダプタですが、iPadのものと違いコンセント部分の折りたたみができません。

DSCF8657
9.7インチ液晶搭載のiPad 第4世代と並べてみました。とてもコンパクトに見えます。

起動〜セットアップ

DSCF8658
電源ボタンを長押しして起動すると、Googleロゴが表示されたあとにこのNexusのシンボルマークが表示されます。

DSCF8659
初回起動なのでセットアップ画面が始まります。Englishに設定されていたのでスクロールして日本語に変更します。

DSCF8663
このようになればOKです。再生ボタンのようなアイコンをクリックしてセットアップを始めます。

DSCF8670
まず、Wi-Fiの選択画面が表示されます。5GHz対応なので5GHzアクセスポイントが表示されています。

DSCF8677
次にGoogleアカウントを入力します。入力しないとPlayストア等のGoogleサービスが使えません。

DSCF8683
Google+には参加しないので“今は設定しない”を選びました。

DSCF8684
Googleにどれくらいの情報を提供するのかを選びます。

DSCF8688
Wi-FiがOFFの場合のネットワークスキャンの無効化と、Google Playからのメールを受信しない設定にしました。

DSCF8691
次に登録されていない場合はクレジットカード情報のセットアップをすることもできます。

DSCF8694
タブレットの所有者設定に入ります。Android 4.2からマルチユーザーによる利用が可能になったためこのような設定があります。

DSCF8695
セットアップが完了するとこの画面になります。開始時と同様に再生ボタンのようなところをタップすると完了します。

テスト

DSCF8700
最初の操作にはいくつかヒントが表示されます。

DSCF8701
ホーム画面。

DSCF8711
ロック解除画面。

DSCF8708
電源ボタン長押しのメニュー表示。

発売後のアップデート

DSCF8716
Nexus 7 (2013)は発売後何度かアップデートがすでに行われているので適用します。設定から選ばなくても数分でアップデートの通知が表示されました。

DSCF8718
アップデートのインストール中の画面。

DSCF8719
アップデート後のホーム画面、壁紙等が変わっています。

DSCF8720
Android 4.1を搭載しているMEDIAS Wと並べてみました。

いろいろやってみます

DSCF8722
Connect : を表示してみました。こちらはスマートフォン版。

DSCF8723
PC版だとこのような感じ。7インチは縦ブラウジングだと文字が小さい印象でした。4:3液晶のiPad miniではあまりそのような事を感じなかったのでブラウジングには4:3の液晶ディスプレイのほうが最適かと思います。

DSCF8724
横画面にしてみました。PC向けに製作されているウェブサイトは横画面で見たほうが良さそうです。縦画面だと拡大必須だと思いました。

DSCF8753
2012年モデルのNexus 7にはない通知LEDがNexus (2013)には用意されていました。

周辺機器紹介とまとめ

DSCF8727
サンワサプライ USBホスト変換アダプタ AD-USB19BKを購入してみました。Nexusシリーズの弱点とも言われる拡張性の不足を補うことができます。

DSCF8738
SDカードリーダーと合わせて使えば撮影した写真や保存した画像をすぐに見ることができます。

Screenshot_2013-09-16-21-23-51
接続させて認識させてみたところ。SDカード内のフォルダが一覧表示されているのがわかります。FAT32のみ対応となっていますがNTFSフォーマットのディスクドライブも読み込めました。

Nexusシリーズで使う場合は「ネクサス媒体インポーター」という有料ソフト(価格:246円)が必要になります。
Nexus Media Importer - Google Play の Android アプリ
Nexus Media Importer allows you to stream and transfer music, video, photos and documents from a USB flash drive or card reader connected to your Nexus 7 (G1 & G2), Nexus 10, Galaxy Nexus, Xoom or other Android 4.0+ devices with USB Host support. See technical notes for a list of supported file types and file systems. This is the only non-root solution for devices that do not provide native support for external storage.
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.homeysoft.nexususb.importer&hl=ja


※説明は英語ですが日本語環境で使えば日本語表示になります。

ただこのソフト、完全に4.3に対応しているわけではありませんのでストレージデバイスを接続する前に言語設定をEnglish (United states)にして起動しなおす必要があったりします。。少し面倒です。

12dh9400001cxfgz
似たような製品としてアイ・オーデータ機器 U2-ADPシリーズといわれるものが登場し、こちらではソフトウェアが無料のものが登場していたりしますので気が向いたらこちらも購入してみようかと思っています。

まとめ

Screenshot_2013-09-14-13-47-47
AOSPブラウザを導入して、Adobe のサイトからFlash Playerをインストールすれば従来のAndroidと同様にFlashを動かすことができます。

Screenshot_2013-08-31-09-43-35
例えばユーザー数80万人を突破した「艦これ」をやったりできるわけです。艦これをやる場合は「艦これくと」と呼ばれるアプリをお勧めします。
艦これくと - Google Play の Android アプリ
艦これ関連のツールや情報を表示するアプリです。 左端からスワイプすると各機能へ切り替えることができます。
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.lilylight.dandelion&hl=ja


Screenshot_2013-08-31-23-08-33
スクフェスこと ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルも問題なくできます。

管理人にとってはSony tablet Sに次ぐ2代目のAndroidタブレットとなりましたが、数年でここまで進化するのかとAndroidそのものの進化をものすごく感じます。Sony tablet Sではもたつくことも良く感じられたAndroidですが、Nexus 7 (2013)では現在のところもたつきをほとんど感じません。バージョンが上がるごとに多くの変更が行われてしまうため一部のアプリがまだ動作しなかったりといったことは感じますがだいたいの管理人的必須アプリは動いています。

少し気になるところを書いてみますと、ロック解除画面からカメラを直接起動できなくなりました。そして、液晶が少し白っぽい色に感じます。Nexusシリーズ自体低価格にするためにいくつかのパーツにそこまでこだわっていないと思いますし、IPS液晶なので許容範囲ではありますが少し気になりました。

バッテリーの持ちに関しては、2012年モデルのNexus 7から容量自体が減少していることもあり、Wi-Fi利用で10時間はちょっと厳しいと感じます。Android 4.2からBluetoothによるテザリング通信に対応していますのでiPhone 5からテザリングする場合はそちらを利用し、低速ながらバッテリー消費を抑えることができています。

・・・とここまで色々と書いてきましたが少し値上がりしたものの、Nexus 7(2013)を気になっているのであれば一度購入して使って見る価値はあります。スピーカーのステレオ化&サラウンド機能対応により動画もそれなりに楽しむことができますし、とても小さいので大きなズボンであればそのポケットにも入ってしまいます。冒頭にも書きましたように「“常に”持ち歩きたくなるタブレット」そのものです。だいたいBluetoothでテザリングをし続けて8時間くらい使えました(8時間くらいでiPhone 5のバッテリーが20%以下になりました。Nexus 7はまだ残量ありましたのでiPhoneにモバイルバッテリーを接続すれば一日いけると思います)ので一日中の利用でもほとんど不便はしないのではないかと思っており、初めての7インチタブレットとなりましたがとても扱いやすく、7インチタブレットを割と今まで否定していた側なのですが持ち運びの利便性を考えてみれば7インチはありなのではないかと思わせてくれる製品でした。


Nexus 7 - Google
http://www.google.co.jp/nexus/7/

AD-USB19BK【USBホスト変換アダプタ(ブラック)】USBホスト対応のスマートフォンやタブレット用の、USB・microUSB変換アダプタ。ブラック。 - サンワサプライ株式会社
http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=AD-USB19BK&cate=1

では、takimuraでした。