DSCF5692
タッチでWindows8を使いこなそう

管理人は2012年10月26日の発売日にWindows8をパッケージ購入したのですが、インストールをしたのはIdeapad U350というWindowsVista時代のPCであり、もちろんタッチパネル等は搭載していませんでした。今回レビュー企画としてタッチパネル搭載のWindows8マシンをお借りすることができましたので、第2回ではタッチパネルで使うWindows8はどのようなものなのかをご紹介します。

続きは以下からどうぞ。

変形と回転

DSCF5693
液晶部分をこのように前に倒して

DSCF5694
そのまま折りたたむとタブレットスタイルになります。

DSCF5737
こんな形や、

DSCF5738
Ideapad YogaやLavie Y,Let'snote AXのようなテントスタイルにもできます。

DSCF5698
本体左の画面回転防止ボタンで持つ方向によって画面回転するかしないかの設定ができます。

DSCF5699
自動回転がオンの場合は押すとこのような表示がされます。

DSCF5770
XPS 12 Ultrabookではキーボードにバックライトが搭載されており、深夜の利用でも文字が浮かび上がるので快適に使用することができます。

タッチパネル操作でWindows8

ピクチャ パスワード

ピクチャ パスワードを使用することで、画像の指定した部分をなぞってWindows8のサインインをすることができるようになります。

チャーム -> 設定 -> PC設定の変更 -> ユーザー を開き

DSCF5797
ピクチャ パスワードの作成を選びます

DSCF5798
まず現在のパスワードを入力します。

DSCF5799
"画像を選ぶ"を選択し、

DSCF5800
ピクチャ パスワードに使用する画像を選びます(ここで選んだ画像はロック画面の画像にはなりません)

DSCF5802
ピクチャ パスワードに使用したい範囲をドラッグして選び、"この画像を使う"を選択します。

DSCF5803
ジェスチャの設定をします。3つの手順をし、管理人は始めに直線を引き、2つ目に円を描き、3つ目にタップといった手順に設定しました。

DSCF5805
設定後、パスワードを入力する画面はこのような形になります。"パスワードを使う"を選ぶと、従来のテキスト入力のサインイン画面が使えます。

タッチ操作について

DSCF5710
画面右端から左にスワイプするとチャームが表示され、設定を選ぶとこのような画面が表示されて簡単な設定ができます。

DSCF5711
"ディスプレイ"を選んだ場合の表示。上のアイコンからも自動画面回転のオン/オフ切り替えが利用できます。

DSCF5716
複数アプリ起動中、左から右にスワイプすると、アプリケーションの切り替えができます。

DSCF5742
音楽再生中、音量調節操作を行うとこのような画面が表示され、再生に関する操作を行うことが出来ます。(タッチパネル非搭載モデルでも音量操作キーとマウスの組み合わせで利用可能)

Windows8でしかできない!?アプリの同時使用

DSCF5840
Intenet Explorerにてウェブサイトを表示中に、

DSCF5847
左から右にスワイプし、ホールドし続けて右または左にあわせると、このようにアプリの同時使用ができます。Androidにおいても一部のメーカーで使用可能になっていますが、Windows8では標準対応となっています。

XPS 12 UltrabookはフルHDディスプレイを搭載しているため、非常に一覧性が良いです。

DSCF5885
動画再生中でも利用ができます。

DSCF5886
動画が小さいほうのアプリで表示されるとこのように表示されます。

デスクトップのスクリーンキーボードですが...

DSCF5850
デスクトップでエクスプローラを開いている時に、

DSCF5851
スクリーンキーボードを開いて文字入力をし、

DSCF5852
スクリーンキーボードを閉じると、エクスプローラのウィンドウがそのままのサイズになってしまいます。ドラッグしても元に戻らず、デスクトップの画面を利用するときは通常のノートPCスタイルで使うのが一番なのではないかと感じました。

ちょっと使いにくいInternet Explorer

DSCF5817
お気に入りを移行後のInternet Explorerの画面。お気に入りのフォルダ分けが適用されず、"よくアクセスするサイト"の表示が多いとお気に入りの一覧性がかなり失われます。

DSCF5824
Windows phoneのメニューの場合。Windows8よりWindows phoneのほうがメニュー構成がしっかりしている気がします...。

DSCF5821
ちなみにデスクトップ表示でのInternet Explorerのお気に入り表示はこのような形。100を超えるブックマーク量なのでとても不便です。

DSCF5819
お気に入りから表示したいページのアイコンをタップ&ホールドでメニューを表示させてみました。選択肢は2種類のみでした。

DSCF5822
デスクトップ版Internet Explorerでは11種類のメニューが表示されます。

Internet Explorerのフォントを変えよう

Windows 8はあくまでも"Windows"なので、ブラウザのフォントは"MS ゴシック"が標準になっています。この方法では、フォントをMeiryo UIにし、少しでも見やすくするための設定を紹介します。

DSCF5865
デスクトップ版Internet Explorerを開き、設定アイコン -> インターネットオプションを選択して開きます。

DSCF5867
"ユーザー補助"を開き、Web ページで指定されたフォント スタイルを使用しないにチェックをします。

DSCF5866
"フォント"を開き、言語セット:日本語をこのように、

DSCF5869
ユーザー定義の場合

DSCF5872
ラテン語ベースの場合

DSCF5908
以上のように設定すると、アンチエイリアスの効いたそこそこ美しいフォントでブラウジングをすることができるようになります。
※サンプルサイトはインターネットTVガイド


続きは、23日公開予定です。様々なデバイスの比較、実際に使ってみての詳細な感想を述べる予定ですのでお楽しみに!

XPS 12 Ultrabook™ – 回転式タッチディスプレイ搭載 | Dell 日本
http://www.dell.com/jp/p/xps-12-l221x/pd

この『XPS 12 Ultrabook』はモニタープログラムでお借りしているものです。

では、takimuraでした。