01
初代iPhoneから6代目

Connect : 久々の更新はたぶん今最も世界中で売れているスマートフォン、iPhone 5のご紹介です!国によってはGalaxyS IIIのほうが売れているようですが・・・。

続きは以下からどうぞ

iPhoneと呼べるiPhoneは、いつもiPhoneだけです。

DSCF4846
2011年06月のSH-12C購入から1年4ヶ月、管理人もついにiPhoneを手に入れるときが来ました。09月29日にツクモ札幌店で予約をして1週間で到着したので思ったより結構早く使い始めることができました。

05
背面。カメラの赤外線カットフィルタがなくなったのである状況での撮影時に紫色になる現象が発生する恐れがあったりします。

06
背面その2。

07
下側面。EarPodsに変わったイヤホンといい、スピーカーの音も改善されている印象でした。もちろん大迫力を期待できるほどのものではないですが。

08
左側面。

09
液晶左上接写、画像をクリックするとドットが見えるくらいの拡大画像が表示できます。

11
Lightningケーブル。表裏の区別がないのでどちらでも使えるのが特徴で、これがiPadに搭載されると折れるんじゃ・・・と思うところはありますが。

1
ちなみにUSB端子側にも変更があり、一部のPCでUSBが抜けなくなるトラブルがありますので付属のACアダプターで充電するといいです。ちなみにeneloop モバイルブースターでは問題はありませんでした。

5
箱底面には容量と付属品やスペック等が書かれています。

SH-12Cと比較

02
ロック画面。どちらも明るさ最小にしていますが差があります。
液晶ディスプレイサイズはSH-12Cが4.2インチなのでiPhone 5は4.0インチのため一応サイズダウンしていますが全然問題なしです。

03
ホーム画面。やはりiOSのほうが統一感があって好きですね。何でもできる点においてはAndroidのほうが優れていますが。

04
背面。

iPod touch 3rdと比較

14
ホーム画面。画面の16:9化に伴いアイコンの置ける行が5行から6行に増えています。

15
背面。iPhoneは初代から鏡面仕上げではありません。

1
iOS6ではミュージックアプリが大きく変わっています。リピートやシャッフルの有効時のアイコンの色がブルーからオレンジに変わっていたり、各種操作のボタンデザインの変更や単体でのホームシェアリングに対応しており、iPhone本体に曲がなくてもiTunesのライブラリが直接参照できるようになりました。歌詞表示していない時でも再生状況の表示が残るようになっています。

18
Cover Flowは16:9化に伴って表示できるアルバムの数が増えています。

5
最後に・・・いいデザインが思い浮かばなかったのかロック画面時の再生操作ボタンのデザインには変更がありませんでした。統一感がなくて残念。

19
ビデオのデザインにも変更がなくて残念。

20
ビデオも画面の16:9化により16:9の動画がフルで表示できます。

21
何かと話題のマップ、北海道だと札幌市西岡公園付近の市街地が思いっきり緑化しちゃっています。

22
iPhone 5非対応アプリでは中央寄りに表示されます。iOS6全体でうまく動かないアプリもいくつかあるようです。(画面のアプリは美声時計)

23
iPhone 5対応アプリではこの通り、情報量が増加しています。(画面のアプリはTweetbot)

現時点では、iOS6に必須と思われるYoutubeアプリもiPhone 5画面サイズには対応していません。(動作には問題ありませんがフルスクリーン表示でもフル画面にはなりません)

26
iPhone 5はWi-FiでWZR-D1100Hの11acネットワークが認識できました。

いままでのスマートフォンと比較

27
左から、
  • Dual Diamond S22HT
  • Touch Diamond S21HT
  • dynapocket T-01A
  • IDEOS U8150
  • AQUOS PHONE SH-12C
  • iPhone 5 64GB
歴代の利用してきたスマートフォンを並べてみました。IS12Tはスマートフォンとして利用していないので今回は含めていません。

28
せっかくなのでデバイスタワーも。順番に上に重ねていったらずいぶん不安定なシルエットになってしまいました。

29
別アングルから

まとめ

30
iPhoneが日本で登場した時、iPhone 3Gはソフトバンクモバイルからの提供となりました。元々ソフトバンクの電波が良いものではないことは知っていたので高校入学して携帯電話を手にしたものの、初代はauのAQUOSケータイ W64SHとなりました。

その後、イー・モバイルを使い、WindowsMobile2台とAndroid1台を使いましたが通信速度は特に不満はなかったものの、エリア的には北海道では不利でした。

そして昨年06月にdocomoをメイン回線に移動し、AQUOS PHONE SH-12Cはそれなりに便利には使えていたのですが、09月のiOS6発表によって、スマートフォンとは別に携帯音楽プレイヤーとして利用していたiPod touch 3rdはiOS6が適用できなくなったことと、iPhone 5を発売後に店頭で利用してみたところすごく好感が持て、iOS6対応デバイスをいつか買おうと思っていたところでとてもその素早い動作を体感して「欲しい」と思うようになり、09月29日に予約をして10月06日に手に入れたというわけです。

twitterや他のSNSの知り合いにも今回のiPhone 5は見送りで次に登場するであろうiPhone 5S(と思われる)を待つ人も多いようです。5Sではどのような進化をするのかについてはっきりしていることは全くといっていいほどありません。実際5Sが出てきて5SにはNFC対応等の新機能があるかもしれませんが、管理人には現在のiPhone 5で十分使い続けることができると感じました。

最後に、ここまで褒めておいて言いたいこといいますが、iOS 6の完成度はiPhone OS 3.0以降で一番低いかもしれない。マップについては既知の通りですが、既存アプリの新しいバージョンとの統一感がないのです。

特にビデオアプリと連絡先アプリは多いに進化するべきと感じるほど昔から変わりはなく、ビデオアプリの表示できる文字数の少なさ、そろそろ横画面UIにも対応をしてほしいところです。iPhone 5は電子機器としてすばらしい完成度がありますが、iOSについてはまだまだ変わっていくべきところがあると感じています。


では、takimuraでした。

おまけ : ロック画面,ホーム画面壁紙のダウンロード

https://skydrive.live.com/redir?resid=29326CCE448CD620!9812&authkey=!AGLaOOqVcjDfQqQ

管理人takimuraのTwitterでは幅広い情報を提供中!