CIMG6071
最近色々買いました。新生活始めた気分...


超が付くほど久々の更新、大学が始まって環境が変わっていろいろ大変だったりなかなか落ち着けなかったのでずいぶんと更新しない間が続いてしまいました。久々のレビュー記事は大学用に購入したLet's note SX1を紹介いたします。

ねんがんの さいしんレッツノートを てにいれたぞ!

CIMG6070
箱はこんな感じ。特殊な装飾とかイラストがないあたりビジネス向けという感じがしますね。

CIMG6072
一番安いモデルのオフィス2010搭載モデルを購入しました、

CIMG6073
内容物一覧

CIMG6074
天板。ボンネット構造が薄型化されて強度は変わっていないのが2012年春モデルの特徴。

CIMG6075
開いてみたところ。ノングレア液晶なので映り込みを気にせず快適に使えそうです。キーボード部分には保護シートと注意事項が含まれた紙がはさまれていました。

CIMG6076
キーボード部分にはさまれてた紙類。

CIMG6077
本体はこんな感じになりました。Let's noteの伝統的なデザインが受け継がれていてそこまで大きく変わった印象はありません。強いて言えばWebカメラ搭載になったことと液晶下にPanasonicロゴとLet'snoteが従来のキーボード下から場所移動したことですね。

早速起動とセットアップ

CIMG6078
起動。標準的なBIOSの画面でプロセッサのロゴも存在しません。

CIMG6085
セットアップ開始!とはいってもWindows7のセットアップはどの会社もたいした変わらないんですけど。

CIMG6090
セットアップ完了後、初期設定が行われます。

CIMG6091
初期設定完了後再起動が行われ、ようやく使用開始が出来る状態になりました。

CIMG6147
管理人所持マシン購入後恒例のEASEUS Partition Masterによるパーティション分けも実施。Cドライブから50GBを分けてデータ保存用のDドライブを作成しました。

CIMG6149
Windowsの起動速度を高速化するというクイックブートマネージャーですが、管理人のi3マシンよりは確かに早いですが報道されているような速さではなかなか起動しませんでした。管理人入れているソフトウェアが多かったりすることも原因なのでしょうか...。

外観

CIMG6079
左側面。時代の流れでHDMI端子が搭載されていたりUSB3.0に対応した端子が2つあります。奥側のみで電源を切っている状態での充電に対応しています。

CIMG6080
右側面。やはりビジネスで必要とされる有線LAN端子は廃止せず搭載、他にはUSB2.0端子とSDXC対応メモリーカードスロットがあります。

CIMG6084
キーボード面のロゴ。まだ加入していないので使えませんがWiMAX搭載されています。

CIMG6089
マウスパッド部分。Panasonicお家芸の円を描くスクロールに対応しています。

2006年春モデルCF-W4と比較

CIMG6138
前面はこんな感じ。DVDドライブの電源操作が省略されたり液晶部分との金具がなくなっています。

CIMG6143
画面。W4は1024x768(XGA)ですが2012年春モデルであるSX1はなんと1600x900(HD+)ととても広くなっています。この解像度でこのサイズなのは他にソニーのVAIO Zシリーズ等しかないのでとても広く使いやすいですがお年寄りの人には文字が小さすぎるかもしれません。(もちろん文字サイズの調節はできます。)

最後にちょっと残念な点を・・・

CIMG6152
こちらがW4のキーボードです。

CIMG6148
こちらがSX1のキーボードです。


お分かりでしょうか? 矢印キーが大きくなった分、右シフトキーの左が上矢印キーになっています。ちょっとしたことですが実際使ってみるとやや気になったので書いておきます。

近日公開と、いつか公開!?

CIMG6103
近日レビュー記事公開はこちら。大学で利用するために購入したカシオ エクスワード XD-D8500BKです。

CIMG6020
いつか公開はこちら。今回の記事の写真にチラっと写っているので気づいている方もいるかもしれませんが・・・。まぁ最近アップデートが延期されたあの端末です。そのアップデートが来たらアップデートを含めたレビュー記事を執筆する予定ですのでお楽しみに。


パソコン(個人向け)| Let'snote(レッツノート モバイルパソコン) | Panasonic
http://panasonic.jp/pc/

レッツノートS (CF-SX1) | パソコン(個人向け) | Panasonic

http://panasonic.jp/pc/products/sx1/

では、takimuraでした。

管理人takimuraのTwitterでは幅広い情報を提供中!