type01
Windows8 CPの疑問解決、第01回

Windows8 Consumer Previewについての疑問についてコメントがあったのと、さまざまなところを見ていて使い方を理解できていない人が多数いる模様だったので不定期連載記事"Windows8 CPの疑問解決"シリーズを開始します。

今回は、タッチキーボードを利用する方法とその使い方です。

タッチキーボードの利用開始方法

c01
画面をまずデスクトップ状態にし、タスクバーの上で右クリックして"ツールバー"の中にある"タッチキーボード"をクリックして選択します。

c10
するとタスクバーにキーボード上のアイコンが追加されるのでそのアイコンをクリック

c02
画面下部にタッチキーボードが現れます。

c03
右上の閉じる(×)ボタンの横にあるこのボタンで横幅いっぱいに表示するかを切り替えることができます。

c04
横幅いっぱいに表示するものを適用した状態

タッチキーボードの表示切替

c05
右下にキーボードの形をしているボタンがあるのでこちらからキーボード切り替えができます。

c07
左右分割表示にしてみたところ。中央に数字キーがある特殊なレイアウトになっています。

c06
ちなみに先ほどのボタンを左クリック長押し状態にすると一発で3種類のキーボード切り替えorタッチキーボードの終了が行えます。

左右分割状態でのキーボードのサイズ変更

c08
左右分割キーボード表示の状態のみ3点リーダを縦にしたアイコンが表示されるのでここをドラッグしてキーボードの大きさの調節が可能です。


Windows8 CPの疑問解決記事ではWindows8 ConsumerPreviewの疑問を解決していきます。分からないところ、詳しく知りたいところをコメントとメールで受付しておりますのでお気軽にコメントの投稿やメールをお待ちしております。


では、takimuraでした。

管理人takimuraのTwitterでは幅広い情報を提供中!