CIMG3097
Android 2.2がdynabook AZで利用可能に!

ついに #aznyan ことdynabook AZユーザー待望のソフトウェアアップデートが配布開始されました!

続きは以下からどうぞ。
ダウンロード&インストール方法
まず、アプリケーションから"TOSHIBA Service Station"を起動します。

※2.2へアップデートすると、2.1へ戻すことはできないのでアプリケーション互換性等をチェックした上で行うことを推奨します。

sc201102241138530

その後左にある"すべてのアップデートを確認"をクリックするとAndroid 2.2が含まれた"システムアップデートプログラム ver 2.2.5.0029"が右のリストに表示されるのでクリックします。

sc201102241139090
このような画面が表示されたら、右にある文章を流し読みして大丈夫そうだったら左にある"ダウンロード"をクリックしてダウンロードを開始します。
(ダウンロード完了まで管理人環境の場合13分ほどかかりました。アップデート開始当初なので何回かダウンロード失敗になるかもしれないのでそのときは再試行してください。)

sc201102241354540
ダウンロードが終わり、このような画面になったら左にある"システムアップデート"をクリックしてアップデートを開始します。このとき、ACアダプタを差していない場合は実行できないのでACアダプタをつけて実行してください。

sc201102241355400
しばらくすると"システムアップデートのために端末を再起動します。"というメッセージが表示されるので"OK"をクリックしてください。

CIMG3089
1回目の再起動でこのような画面がでますが慌てずにdynabook AZには一切触れない状態でお待ちください。

CIMG3090
しばらくするとこのような画面が登場しますが何もせずお待ちください。

1回目の再起動が終わった後、2回ほど再起動を実行して2.2の適用が完了します。適用には時間がかかるのでdynabook AZ本体には触らずにお待ちください。

CIMG3094
適用が終わったあとは通常にdynabookのロゴが表示されて再起動します。

CIMG3095
ソフトウェアアップデート適用後最初の再起動は通常よりやや時間がかかりますのでお待ちください。

CIMG3096
Android2.2のソフトウェアアップデートが完了すると、このように通常のデスクトップが表示されます。

sc201102241425200
端末情報を見てみると、Android バージョン欄が2.2になります。

・・・しかし、ここでFlashやすべてのアプリケーションが使えるようになるわけではありません。

sc201102241413390
再度さきほどの手順でTOSHIBA Service Stationを起動してください。上記画像のように8個ほどアップデートファイルが表示されます。

sc201102241422280
ソフトウェアップデートのときのような手順でそれぞれダウンロードとインストールをしてください。

TOSHIBA Service Stationにある左のリストが0になれば、今回のソフトウェアップデートを全て適用したことになります。

Android 2.2対応による新機能など
sc201102241427470
ついにAdobe Flash Playerが使えるようになります。こちらはYoutube

sc201102241432560
ニコニコ動画

sc201102241601520
Flashゲームも楽しめます。

sc201102241431330
ちなみにFlashの領域をクリック&ホールドした状態にすると上記のようにFlash上部にボタンが表示され、左のアイコンをクリックするとFlashをまるごとフルスクリーンにできます。ただしフルスクリーンにするとキーボードの入力を受け付けなくなるようなので非推奨かも。

始めはFlashばかりになってしまいましたがお次はAndroid側の新機能を紹介します。

sc201102241437220
ギャラリーがこのように美しくなります。アニメーションエフェクトも追加されます。

sc201102241442150
無線LAN接続時にプロキシサーバーの設定ができます。さらに無線とネットワークメニューでVPNの設定もできます。

sc201102241449170
"時計"がアプリケーションが進化し、ここからアラームを呼び出したりできます。

sc201102241450210
ホーム画面右クリック -> 壁紙 から動く壁紙ことライブ壁紙が利用できます。確かこれはAndroid 2.1でも搭載していましたがdynabook AZでは利用できない状態でした。

sc201102241456510
検索アプリも進化され、パフォーマンスも向上。(ウィジェットの検索もアップデートされるので利用している場合は旧バージョンを削除して追加しなおすといいかも)

sc201102241457070
サジェストの表示にも対応。

sc201102241617260
設定 -> タッチパッドでポインタの速度を設定できるようになりました。

sc201102241707390
3G非搭載モデルでは、画像右上のように3Gの表示切替アイコンは出ないようになりました。

sc201102241731310
USB接続時にストレージを有効にする際にこのような画面がでてくるようになりました。

以上が新機能です。

参考 :
VistaCapture000180
dynabook AZのサポートページから何故かデバッグに関する情報が削除されていますがデバイスは認識できましたのでそんなに問題はないかと思われます。

Android 2.2対応でできなくなること
sc201102241440520
ブラウザの設定画面で、モバイルモードへの切り替えができなくなります。

rwqdfe
z4Root利用によるroot化がなぜかできなくなっている模様です。

追記 : rootはSuperOneClickv1.6.5にて取得可能です。

Android 2.2対応後の注意とか
sc201102241503300
Adobe Flash Playerを利用したくない場合は、ブラウザ -> 設定 -> プラグインを有効にするを"OFF"に設定してください。

sc201102241413020
Android 2.2適用後は2.1のときにデスクトップにギャラリーへのショートカットがある場合、利用できなくなるので新しいギャラリーのショートカットへ入れ替えをしてください。

まとめ
CIMG3106
※2.2へのアップデートで動画の対応形式も増え、HDMIでPinPに対応したディスプレイにつなぐとこのようにAZで動画を再生しながらPCをすることも...w

Android 2.1のときにあった無線LANが急につながらなくなったりする問題がいまのところ解消されていたり、バッテリの持ちがよくなるかはわかりませんが(むしろFlashPlayer搭載で減るの早いかも)、今回のアップデートはOSまるごとアップデートということもありすごく動作が軽快になった気がします。z4Rootでrootが取れないのが非常に残念ですが。。

CIMG3113
そういえば今回のAndroid 2.2アップデートデータのダウンロードにはIDEOSを使いました。本当は今日IDEOSのレビュー予定だったりでこちらは後日レビューします。Wifiテザリングがインフラストラクチャーで飛ばせるので dynabook AZもお手軽接続です。こちらもAndroid 2.2だったりw

では、takimuraでした。