CIMG0793
I'm possible.
そんなわけで登場したあの品を買ってきました!
CIMG0794
dynabook AZ でございます!
そういえば昔dynabook EZというクイック起動PCがあったなーと思いつつ。。

購入まで
IMAG0296
購入店はビックカメラ札幌店、ヨドバシの予定でしたが展示機がなく・・・。
まぁポインヨカードを作る良い機会だったのでビックカメラで。
写真のとおり¥44,800(1年間の無料交換保証をつけて¥45,325)でした。

内容物
CIMG0797
ダンボールを開封したところ。保証書入れが青色なところが昔のソニー製品っぽいですな。

CIMG0798
とりあえず取り出してみたところ。USB mini-B端子がついていますがケーブルは付属していません。

本体
CIMG0799
箱からとりだして開いた状態だと、このように液晶を保護するシートが真ん中に挟まった状態になっています。

CIMG0800
保護シートをとるとこんな感じ。

CIMG0801
店頭販売によくついているシールは標準でついているようです。まぁ一応つけておきますか。

CIMG0802
NVIDIA Tegraプロセッサ 250搭載
側面
CIMG0803
左からHDMI/4極ステレオミニプラグ/SDカードスロット

CIMG0804
左からUSB/USB-MiniB/AC供給/セキュリティロック

背面
CIMG0805
電池は小さめのが利用されています。ほぼ同時期に発売したlibretto W100とは違いステレオスピーカーなのが見てわかると思います。
さまざまな機器と比較!
CIMG0808
iPod touch 第3世代と比較。まぁいうまでもなくPDAサイズではありません。

CIMG0813
10年前のDynabook(DB55C/2CC)と比較。スペックの違いも多いにあります。

CIMG0816
現モバイルマシンIdeapad U350と比較。重さも軽量で持ち運びに苦労しないかも。

起動!
#以下数枚、動画撮影をしたので画質が異なりますがご了承ください。
ugb
起動、BIOSっぽい画面です。IntelがBIOSにロゴをつけているみたいにNVIDIA Tegraのロゴが右下にあります。

CaptureVista000023
Androidロゴ: 実際には横に照らされて動いています。

CaptureVista000024
時刻や日付等の設定。標準で合っていたので変更せずにそのままセットアップできそうです。

その後無線LANの接続設定を行い・・・

CaptureVista000025
初回起動準備でパッケージのインストールが始まります。1分ほどかかります。

152071401
デスクトップ画面はこんな感じ。全5画面用意されており、クリックしながらスライドすることで切り替え可能。接続中のwifiネットワークに応じて自動変更もできるので自宅と外出先でそれぞれ使いやすい環境にということもできます。

ソフトウェア等
CIMG0823
Connect : を表示してみました。xdaというサイトにあるAndroid 2.1用flash playerをインストールしたのですがうまく作動してくれませんorz ほぼchromeと同じエンジンを使っているのでブラウジングは軽快です。タッチ用に挙動が違うのでそこらへんは慣れが必要ですが。

CIMG0826
Opera mobile 10も搭載されています。初回起動時のみライセンス契約の承諾作業が必要となります。

CIMG0827
iOSやWindowsMobile用のOperaとは違い、スピードダイヤルが10個まで割り当て可能!

152084313
配布終了してしまいましたが、先ほども述べたxdaでapkを入手。Skype Lite for Androidも問題なく動作です。もちろんビデオ通話は不可ですが。
テレビにつなげてみると・・・?
4c77cbe8-full
REGZA 42Z9000にdynabook AZをHDMI接続してみました。画像ではわかりにくいですが、Dot by dotでこの表示となっているので1024x600を普通に伸ばした感じになってしまいます。遠くから見るぶんには問題がなく、むしろ1024x600の拡大表示のおかげで遠くからでも文字が見やすいですね。

購入初日での総評
CIMG0833
NVIDIA Tegra 1GHz搭載のおかげか、動作は非常に軽快です。チューニング不足なところもあり、上記画像のように途中で反応しなくなり、画面下に壊れた感じの表示が行われてしまうこともありました。Tegraのウリである動画再生性能がほぼ発揮されておらず非常に残念なところもありますが今後のアップデートに期待といったところでしょう。少々お高いですが、Androidを使ってみたい!、パソコンみたいなスマートフォンが欲しい(といっても通信機能はwifiとbluetoothになりますが)と思っている方にはおすすめできる商品だと思います。

後日、東芝のアップデートがあったり気になることが起きたらまたレビューを書いていこうと思います。

では、takimuraでした。