fvqweq3egf
これは、昨日のConnect : へアクセスしてきた方がどのようなブラウザを使ったのかといった
アクセス解析によるグラフです。いまだにInternet Explorer 6(以下IE6)が一番多いという
結果になっております。

XPに標準搭載され次バージョンのIE7がリリースされるまで5年かかったことは
結構有名な話。現在も少なくなってきてはいるものの最新版は重たい等のことをIE7を一度
インストールした方は思っているはず。

この際IE離れしてFirefoxやOpera、Safariに乗り換えませんか?といったのが
今回の記事内容となります。

では続きからIE6で閲覧した際のウェブページとFirefox3.5.1で閲覧した際のウェブページにどのような
違いがあるかについて述べて生きたいと思います。


記事の読み込み中...
読み込みが完了しない場合は、JavaScriptが有効になっているか確認してください。
・では、比較してみましょう!
ちなみに見てわかるとおり、左がIE6、右がFirefox 3.5.1となります。

1.Connect :
6h01
本ブログを表示してみました。Connect : ではCSS3といった最新技術等をとりいれており、
一目瞭然で違いがわかると思います。以下に違いを述べてみると、
 - トップロゴ画像が透過pngでありIE6だと背景が薄い青色になる
 - トップメニューが透明でない
 - 記事タイトルの背景に角丸でない
 - 記事タイトル背景に影がない
 - 小見出しの文字に影がない
 - 右サイドバーが落ちる(高解像度だと落ちませんが)
このような6点の違いがあります。またCSSテストにまったく合格していないために、
タイトル下等に大きい余白があらわれてしまいます。

2.twitter
6h03
最近広瀬香美さんが参加したことになりさらに人気が高まっているtwitter、
IE6で閲覧するとInternet Explorerの最新バージョンへの移行を推奨する警告文が出るようになりました。
以下に違いを述べてみると、
 - メインボックス/テキスト広告/メインメニュー/検索部分に角丸がない
 - post別の点線境界線がない
 - 一部文字が正常に表示された際と違って大きくなる
 - 一部フォントが正しいもので表示されない
といった4つの違いがります。IE6で警告文を出すくらいなのでもうそろそろIE6で
使わないでください〜といった感じでしょう。

3.日本マイクロソフト

6h04
なんとIE6を製作したというMicrosoftもだんだんIE6を見捨てているようです。
現在のところ違いは
 - ニュース欄の影がない
といった違いのみとなりますが、近々MicrosoftがIE6を非推奨するといったことになりそうです。

4.Youtube
6h05
現在は対応していますが、近々サポートしませんので乗り換えてくださいといった
警告文を表示するようになっています。

今回紹介したサイトの他にも、数多くのサイトがIE6へのサポートを終了したりしようとしていたりします。
第2弾では、移行するにはどのようなブラウザに移行すべきか!?といった疑問に答える
最新ブラウザ紹介をします。では乞うご期待!

では、takimuraでした。

Twitterにシェア


管理人takimuraのTwitterでは幅広い情報を提供しています。お気軽にフォローをどうぞ