昨日9.04をインストールして起動動画をうpしましたが・・・
やっぱり管理人GNOMEよりKDE派なのでKDE環境を入れて
まーKubuntuになったわけですな(w
SH370085
デスクトップはこんな感じです。
KDEずいぶん格好よくなったなぁw

・無線LANドライバを入れる
SH370083
〈エアステーション〉 ソフトウェアルータ機能搭載 11g/b USB2.0用 無線LAN子機|WLI-UC-G
http://buffalo.jp/products/catalog/network/wli-uc-g/

とりあえずこれ買ってきました。1480円でかなりお買い得です。
まー安物なので速度に期待はできませんw
しかしみなさんご存知かと思いますが滝村在住の北海道恵庭市、
まーそこの某ショッピングセンターのベスト電器に行ってこれを
買ってきたわけです。

過疎りすぎだよ・・・。俺とあと2人くらいしか客いなかったよ・・・。

平日の午後1~2時の電気店ってあんな感じなんですかね。
まだGW始ってない人もいるようですが。

で、本題です実はまーその時はまだKubuntu状態にしていなかったわけ
でしてキャプチャがUbuntuになっていますが気にしないでくださいw

なんと買ってきた無線LAN、USB接続だったせいか最初認識されなくて、
まずSynaptic パッケージマネージャで
ndiswarapperと、ndisgtkというのをインストール。
そうするとUbuntuメニュー→設定のなかの

Windows Wireless Drivers ってのを起動し、

無線LANアダプタを買った時についてきたドライバCDをセット。
新しいドライバのインストールを選択し、

hogehoge.inf(.iniではない!) というファイルをCDを参照して探し
読み込ませる。
Screenshot-無線LANドライバ
そうするとこのndiswarapperの開発者はすごい、
Windows用ドライバをLinux環境で使うことができるのだ。
あとは
SH370084
無線LANアダプタをPCにつけるだけ。認識されLinuxでのインターネット接続デバイスとして
普通に認識された。あとはLinuxの普通のネットワーク設定で
設定すれば接続完了。

・KDEを使う上での利点、弱点
利点1.グラフィックがGNOMEより軽い
利点2.どちらかというとGNOMEよりWindows似のUI
弱点1.GNOMEより確認パスワード入力回数が多い
弱点2.ファイルマネージャがGNOMEより馴染みにくい

・最後に起動動画でも
とりあえずうpったのでKubuntuに興味あるひとはどうぞ。


では、滝村でした。


記事の読み込み中...
読み込みが完了しない場合は、JavaScriptが有効になっているか確認してください。

Twitterにシェア


管理人takimuraのTwitterでは幅広い情報を提供しています。お気軽にフォローをどうぞ